メルカリに出品してみた。

元、電器屋店長のメルカリ&ヤフオク!出品体験ブログ

【ゆうパック】時代の流れか!?ゆうパックでも料金改定が発表されました!

メルカリやヤフオク!でも利用することが多いゆうパックに料金改定の報道が!

少し先の話にはなりますが今後の参考になれば...

       f:id:a-t-long-gain:20170910174942j:plain

サービス改善と料金改定

今回の報道発表では、料金改定だけではなくサービス改善も発表されています。

まずは、サービス改善から見ていきましょう。

ざっくりとまとめると以下のような内容です。

 

①Web決済型ゆうパック

ゆうパック料金をオンライン上で事前にクレジットカード等で決済し、

オンライン上で発行した発送ラベルを利用することで割引が適用されるサービスです。

自宅以外にも郵便局・コンビニでラベルは印刷できるようです。

基本運賃から180円の割引を適用する予定。

 

②あて名作成アプリの提供

スマホ等で荷物を発送する時に、簡単にゆうパック用のあて名ラベルを作成できる

アプリを無料で提供する予定です。

自宅にプリンターが無くても郵便局等で印刷できるので便利になります。

字が汚い僕にはいいかも(笑)

 

③指定場所配達サービス

不在時にも、ゆうパックを受け取れるようにするサービスです。

詳細が明記されてませんが、受取人が指定した自宅内に荷物を置いていくというもの。

車庫や玄関前など指定した場所に置いていくので、再配達にならないように出来ます。

正式ではありませんが、私も以前に車庫内に荷物を置いておいてもらったことがあります(笑)

 

④配達希望時間帯の拡充

宅急便業者と同じで、見直しをするようです。

時間帯の削減はなく「19時∼21時」を追加するだけです。

平日でも仕事終わりに受け取れる件数を増やすのが目的です。

f:id:a-t-long-gain:20170911021923j:plain

 

⑤はこぽす(宅配ロッカー)の増設

はこぽすをご存知ですか?

はこぽすは郵便局内に設置された24時間受取可能な宅配ボックスです。

これを郵便局以外にコンビニや駅や商業施設に設置して受け取り場所を増やす予定。

 

⑥受取ポイント付与サービス

ゆうパックを郵便局・コンビニ・はこぽすで受け取るとポイントが貰えるサービス

ポイントが何になるのかは明記されていませんでした(笑)

配達する手間を減らした分をポイントで還元するようです。

配達員の負担を軽減する新しい試みになります。

 

ここまでが、サービス改善の部分です。

各サービスは、準備でき次第、段階的に順次開始していくとのこと。

また、コンビニが関与するサービスは詳細が未決定とのことで開始も未定です。

 

⑦基本運賃改定

ゆうパックの基本料金が平均12%程度引き上げられます。

f:id:a-t-long-gain:20170911031708j:plain

※地域ごとの運賃は後日、公表されます。

 調整により上記とことなる場合があります。

これにより、ゆうゆうメルカリ便がどのように影響するかは未定です。

 

⑧重量ゆうパックの新設

25kg以上30kg以下の荷物用に新たな運賃が設定されます。

基本料金+500円

一般のゆうパックの重量制限は30kgから25kgに引き下げられます。

今までゆうパックはサイズに関係なく30kgまでの重量制限でした。

ちなみに、クロネコヤマトの場合は、宅急便100サイズで上限は10kgです。

重い物を発送する場合は、変更後もゆうパックのほうが便利と言えます。

 

料金の見直し(⑧と⑨)は、2018年3月1日から実施予定です。

 

その他、詳細を知りたい方は郵便局のHPから確認できます。

www.post.japanpost.jp

 

郵便局でも、宅急便業者と同様の状況におかれているようです。

今後、メルカリやヤフオク!で影響が出てくると思います。

 

ではでは。

 

www.akira76.jp