メルカリに出品してみた。

元、電器屋店長のメルカリ&ヤフオク!出品体験ブログ

【メルカリ】欲しい商品を少しでも安く!出品者が不快にならない値引き交渉術!!

メルカリで購入を検討している時に「ちょっと高いな」と思うことありませんか?

今回は、【値段交渉のやり方】のお話です。

       f:id:a-t-long-gain:20170815135414j:plain

相手を不快にしない値引き交渉の仕方

今までメルカリで150件ほど売買をしてきました。

長くやっていると、どうしても【値引き交渉】は付きものです。

商品を購入する時は、「ちょっと安くなったらな」と思いますよね?

 

では、どのようにしたら出品者が値下げに応してくれるでしょうか?

メルカリは”相手の見えないフリマ”です。

相手との接点は「コメント」でのやりとりのみです。

つまり、「文章力」・「文章のセンス」で相手の印象は大きく変わります。

 

悪い交渉と良い交渉を比較

ここでは、実際にあった悪い例と良い例を比較してみたいと思います。

悪い例は実際に私が取引の中で出会ったコメントばかりです(笑)

良い例は、「私なら」というのを記載します。

参考になればいいですけど...(^^;)

 

「〇〇〇円なら即決します!」

なぜか上から目線でくるのは嫌な感じがしますね?

半額ぐらいの金額を提示されたこともありました(´;ω;`)

 →「〇〇〇円になりませんか?」

 お伺いする姿勢は崩さないようにするのが無難だと思います。

 無茶な値下げ依頼ではなく、表示金額の10~20%ぐらいを目安に提示するのが

 いいかと思います。

 

「いくらまで下げれますか?」

出品者は出来れば、表示の価格で販売したいと思ってます。

曖昧な交渉にはどう返答するか悩んでしまいます。

「〇〇〇円まで下げれますか?」

  はっきりと希望を伝えた方が相手は判断しやすくなります。

 上記同様に、無茶な金額提示は控えましょう!

 

「売上金が〇〇〇円あるので、そこまで下げれますか?」

ちょっとの差なら理解できますが、このパターンで交渉してくる方はだいたい無茶な

金額を言ってきます。

正直、「売上金の事情までは知らないよ...」と思っちゃいますね(^^;)

「〇〇〇円になりますか?」

 ここは、素直に金額提示をするのが無難です。

 

「汚れがあるようなので〇〇〇円になりませんか?」

汚れや傷など、出品者は分かって出品しています。

価格もそれを考慮していることがほとんどです。

ただ不快にしかならない発言は控えましょう!

「〇〇〇円になりませんか?」

 これも、上記同様に無難なコメントをしましょう!

 

まずは挨拶から

 先に悪い例を出してしまいましたが、コメントのスタートはまず「挨拶」です。

これが有るのと無いのでは印象が大きく変わります。

では、私が普段どのようにコメントしているかというと...

 

「コメント失礼します。

 こちらの商品を検討しています。

 失礼ですが、〇〇〇円にお値下げは可能でしょうか?

 ご検討よろしくお願いします。」

 

といった感じで普段からコメントを入れています。

100%正しい日本語かと聞かれると自信はありませんが(笑)

相手が不快にならず、断っても大丈夫なようにコメントしています。

「コメント失礼します」は、

「早朝からすいません」や「夜分遅くに失礼します」など相手を気遣う文章を使っても

相手の印象は良くなると思います!

 

 

もし、自分が出品者なら以下のように返信します。

 

提示された金額でOKの場合...

「コメントありがとうございます。

 では、金額を変更します。よろしくお願いします。」

 

提示された金額でNGの場合...

「コメントありがとうございます。

 せっかくですが〇〇〇円は厳しいので、◇◇◇円でどうですか?」

 

提示された金額でNGの場合は、元の金額でお願いしてもいいと思います。

持ち値段を下げる場合には、こちらの希望金額を提示するようにしましょう。

 

 

値引きをしてもらって購入したら、取引画面で

 

「ご対応ありがとうございます。

 購入させて頂きました。

 よろしくお願いします。」

 

のように、コメントを送りましょう。

これで、取引後の評価も悪くなることは無いハズです!!

 

低姿勢でお伺いすること!

いかがでしたか?

少しは参考になればと思って書いてみました。

基本は「丁寧な文章でお伺いをする」という姿勢が肝心です。

相手の気持ちを考えた、気持ちの良い取引が出来るように心がけましょう!

 

ではでは。