メルカリに出品してみた。

元、電器屋店長のメルカリ&ヤフオク!出品体験ブログ

フリマとオークションは使い分けるべき

以前にもお話しましたが、フリマとオークションは使い分けることでスムーズで損の少ない処分ができるように思います。

では、その違いは一体どこにあるのか?

          f:id:a-t-long-gain:20170617084023j:plain

フリマとオークションの違いとは?

  1. 売買スピード
  2. 価格設定
  3. 出品物
  4. 商品知識

この4つによってどちらを使うのが有効か違いがでてきます。

 

www.akira76.jp

 

 

売買スピード

 フリマは早い者勝ち→常にアプリをチェックする必要があります。

  すぐに売買ができることが一番のメリットです。

  購入する際には〝即決力″が必要。

  24時間以内に50%の商品が売れている。

  すぐに売れない商品には理由があると考えたほうが良い。

 オークションはじっくり→終了時間を気にするだけで大丈夫。

  出品物には終了時間が設定されています。

  オークションが動くのは、終了時間の1時間前ぐらいから。

  終了時間間近でチェックして入札すればOK!

  出品する際は終了時間の設定に気を使う。

※※今スグになら「フリマ」、じっくりなら「オークション」です。※※

価格設定

 フリマは販売したい価格を設定する→交渉で値下げすることがある。

  設定金額が相場より高いと全く反応がないことも。

  逆に、安く設定し過ぎるとあっという間に売れる(笑)

 オークションは入札スタート金額を設定する→欲しい人がいれば入札により高騰。

  入札金額を高く設定しなければ、欲しい人の入札はある。

  1円スタートなんてのもあるが、予想より金額がかなり低く終わることも。

 ※※設定金額より下がることがあるのが「フリマ」、上がることがあるのが「オークション」です。※※

 

 出品物

 フリマはよくある物が多い→付加価値の付いている商品が少ない。

  限定物、年代物や1点物など付加価値のつく商品の出品は避けたほうが無難。

  付加価値があると、思っていた以上の金額になることも多い。

  オークションは珍しい物が多い→一般的な物では埋もれてしまうことも。

  珍しい物も多く出品されているため、一般的な商品では埋もれがち。

  一般的な商品は非常に多く、カテゴリーも多いので工夫が必要。

※※一般的な物は「フリマ」でそれなりの金額で、貴重な物は「オークション」で高額に※※

 

商品知識

 フリマは質問が少ない→商品知識が無くても売れてしまう。

 フリマでは詳しい説明のない出品も多い。

 価格設定さえ間違っていなければ販売できてしまうことが多い。

オークションは説明が重要→値段を上げるためには根拠が必要に。

  特に、貴重な物にはしっかり詳細を記載することで金額が上がる。

 実際、質問を多くもらい商品知識を求めれたことも何度か経験。

※※手軽な売買には「フリマ」、大きな売買は「オークション」をおススメします!※※

 

いろいろ違いはありますが、何を売るのか?をしっかり見極めて使い分けることをおススメします!

買う場合は、どちらもチェックしておかないと欲しい物が見つからないですかね(笑)

 

ではでは。